スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
おおきなおおきなさかな
高科正信・作 荒井良二・絵

おとうさんと釣りへ行った男の子。だけど全然釣れなくて、釣れたのはちっちゃなおさかな。大好きな女の子にはちょっとだけ大げさに話しちゃった。
そうしたら、どんどんさかなが大きくなって行っちゃった。

指から手に、手から腕に、さかなの大きさはなんだか勝手に大きくなっていくみたい。
さかなが大きくなるほど、男の子の胸には小さな針がチクチク。この針は嘘をついちゃったと思ってる、男の子の正直な心なんですね。

だけど釣れなくたって、そんなことはちっぽけなことで、そのことに気付けた男の子は、少し強くなったかもしれませんね。

《楽天books》
おおきなおおきなさかな

《Amazon.co.jp》

スポンサーサイト
【2006/02/26 20:57 】
| タイトル別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ぽけっとくらべ
今江祥智・作 和田誠・絵

動物たちが、ポケット自慢をするのですが、なんだかみんなそれぞれどこか変だし、勘違いしてるみたい?
キツネさんが48個もポケット作ってきて、手が足りない、そこで術を使ってニセモノの手を出しますが、一体どれが本物の手か分からなくなっててんてこ舞い。
サルさんも31匹でポケットくらべに登場。だけどそんなにいっぱいで登場したら自慢するのに時間かかってさぁ大変。

いろんなオチがあって、楽しいお話です。
子どもが一番気に入ったポケットは、一番最初にポケットくらべに登場したブタさんです。
長~い長~いポケット、どんどんどんどん入るポケット。
だけどそのポケットは・・・。さて、どんなポケットだったでしょうか。

≪楽天books≫
ぽけっとくらべ
【2006/02/26 20:50 】
| タイトル別 は行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
とんでとんでサンフランシスコ
ドン・フリーマン・作 やましたはるお・訳

ちょっと読み聞かせるには長かったです。
ただ読んだぞ!!と充実感はたっぷりです。

本を開いて絵を見ると、さすがそこは日本ではないな、と思わせるアメリカンな絵ですね。サンフランシスコの街を、行ったことのない私ですら、素敵な街に想像させてくれます。

ネオンに住み着いたハトの夫婦が、バラバラになってしまいます。雌バトは巣を守るために、雄バトは、大事な妻と卵を探すために、それぞれ一生懸命です。
いなくなってしまった家族を探すためにボロボロになるまで探し続ける雄バト、シッドには涙さえ出そう。
聞いてる子どもも、まだ最後を知らない時は、心配そうに、このままこの本を読んで、とは二度と言わないかな?と思わせるような顔。

長かったので、その間子どもも不安だったと思います。
もちろん最後はハッピーエンドですが、家族を思う気持ち、人間の優しさを感じてくれたでしょうか。
もちろん、この本を読んだのは一度ではありませんでした。

≪楽天books≫
とんでとんでサンフランシスコ
【2006/02/26 20:43 】
| タイトル別 た行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
はらぺこライオン
ギタ・ウルフ・作 インドラプラミット・ロイ・絵

インドに伝わる民話だそうです。
狩りに疲れたライオンがなんとか楽をして獲物を手に入れようとしますが、まずかしこいすずめに出会ったのが運の尽きなのか・・・。
ひつじにもしてやられて、シカにも最後パッカーンとやられる。

本当にトホホのライオンなのですが、このお話は子どもにどんなことを想像させ、なにを感じさせたのでしょうか。
いつもいつもだまされるライオンに、同情したのでしょうか。
それともかしこい動物たちに、感動したのでしょうか。

私はいっつもだまされるライオンに、悲しみと可愛さを感じました。

≪楽天books≫
はらペこライオン
【2006/02/26 20:28 】
| タイトル別 は行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
森のずかん
松岡達英・作

森にキャンプへ行くのがよく分かる本です。
アウトドアに興味があり、大好きな子なら、字は読めなくとも絵を見てるだけでワクワクするでしょうね。
それほど字もないですし、充分見て分かります。

パパさんがアウトドア派なら、もちろんこの本で子どもと一緒にキャンプへ行くことを語り合うと楽しいかも。
あいにくうちは親子揃ってアウトドアでなく、残念です。

でも子どもは読めば絶対あれこれ質問してきて「今度行きたい!」と言うのに・・・「読んで」と言ってこない。残念です。

≪楽天books≫
森のずかん
【2006/02/19 07:19 】
| タイトル別 ま行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
だんご博士の観察記
松岡達英 作・絵

「あまがえるりょこうしゃ」の作者の絵本。本当に虫が好きなんだな~、だんごむしが特に好きなのかしら。
そういえば「あまがえるりょこうしゃ」にもだんごむし夫婦登場したっけ。

この絵本は虫好きの子には特にお勧め。きっと宝の一冊になると思います。ムシキングの図鑑を後生大事に持つ子よりも、私はこういう本を大事に持つ子に育って欲しいかも。

ただ・・・息子はそれほど虫が大好きというわけでもなく、読めば興味はあるけれど、読み聞かせには字が多すぎて、ボリューム感あるので、不向き。1日で読む聞かせるのは不可能!

子どもが自分で読めて、無理がないのは3~4年生くらいからじゃないのかな~。
なのであと2~3年後にチャレンジしようと思います。

≪楽天books≫
だんご博士の観察記
【2006/02/19 07:14 】
| タイトル別 た行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
さつまのおいも
中川ひろたか・作 村上康成・絵

まずタイトルが子どもにはうけました。
さつまのおいも、だって~~~~。

「えんそくバス」もそうでしたけど、本当に絵が可愛いですね。
さつまいもちゃんたち。
おいもほりにやって来た子どもたちと、さつまいもたちの綱引きが始まりました。
はちまき巻いて土の中で頑張っているさつまいもが、うちの子供はお気に入りです。
クルクル目をまわして、スッポ~~ンって抜かれちゃったさつまいもの絵も大好きです。

焼いもにしてみんながおいしく頂いて・・・オナラがぷ~っと出ちゃった最後もとても楽しいです。

≪楽天books≫
さつまのおいも
【2006/02/06 21:30 】
| タイトル別 さ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
おおきなオムレツ
もりやまみやこ・作 ふくだいわお・絵

ぞうさんがおおきなオムレツを作りました。みんなにご馳走したら、自分の分はこれっぽっち。みんながお礼に卵をくれたので、またまたオムレツ作りました。
今度は一人で、大きなオムレツ食べれてよかったよかった。

この絵本は、子どもが一人で読みました。といっても途中までですが。
「たくさんひらがなで書いてあったから一人で(途中まで)読んだよ」

・・・今まで読んだ本も全部、たくさんひらがなで書いてあるんだけどな。
読みやすかったようで、これからは一人で好きな時に読める本っていうことも考えて選ぼうかな、って思いました。

≪楽天books≫
おおきなオムレツ
【2006/02/06 21:24 】
| タイトル別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
イボイボガエル ヒキガエル
三輪一雄 作・絵

カエルっていろんなカエルがいるんですね。
アマガエルにヒキガエル、トノサマガエルにウシガエル。みんな同じカエルかと・・・いや、カエルはカエルなんだけど、いろんな事情があるとは・・・。

アマガエルは可愛くて、ヒキガエルは可愛くなんだ~。
そんなこと言うと、また「こらっ!!!!」って関西弁のあのヒキガエルが出てくるかもしれないですね。
妙にその関西弁でしゃべりまくるヒキガエルが面白いです。
関西弁に引き込まれるようについつい彼の言い分を聞いてると、自然にカエルの生態や気持ちが分かってきて、楽しく発見のある絵本です。

結構お勧め。でも、できればカエルじゃない方が、私としてはいいんですけど。

≪楽天books≫
イボイボガエルヒキガエル
【2006/02/05 16:08 】
| タイトル別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
14ひきのあさごはん
いわむらかずお・作

おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさん、きょうだい10ひき、とっても大家族。
みんなであさごはんのしたくだ。

子どもってわりと、家の中の、家族の団欒って好きじゃないですか?
そういう絵とかお話。私自身も、遠い昔、絵を描くのが大好きで、描いてる絵はすべて、家族の団欒の一日の絵でした。

子どもにとって、家族がみんなで仲良く暮らしているっていうのは、生まれてから自然に命に組み込まれてる欲求かもしれないですね。
この絵本には、きょうだいがみんなで寝てるベッドの絵があります。
真っ先に子どもは、そのページを見て、真っ先に「この本読んで」と持ってきました。

家族がたくさんいて、みんなで暮らしてる様子が、一番幸せに感じるんでしょうね。
子どもの求めている「幸せ」が分かったような気がしました。

≪楽天books≫
14ひきのあさごはん
【2006/02/05 16:02 】
| タイトル別 さ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
クッキーのおべんとうやさん
安西水丸・作

子どもの将来の夢はパン屋さんでした。(ちょっと前まで)
今でもやっぱり興味はあるようで、食べ物関係の絵本、大好きです。

クッキーっていっても食べるクッキーじゃなくて、くろうさぎの名前。
クッキーはおべんとうやさん。おにぎりやサンドイッチを作ります。
ぞうさんやりすさん、うしさんにいのししさん、みんなみんな買いに来ます。今日も売り切れ、大繁盛。

おいしそうなおべんとうがどんどん売れて、ぜ~んぶなくなるのがとても嬉しいらしいです。まるで自分のお店みたいですね。
「この本好きだね」って聞いたら「うさぎさんがごはん食べてるところと、みんなにもらった食べ物でクッキーを作るところが大好き」だそうです。

≪楽天books≫
クッキーのおべんとうやさん
【2006/02/05 15:56 】
| タイトル別 か行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
えんそくバス
中川ひろたか・作 村上康成・絵

すっごい可愛い絵ですね。
明日はえんそく、みんな寝坊なんかしないでね!
さぁ、出発しましょう~、いないお友達はいませんね~~~。

公園について、ながぁ~~~~~い滑り台すっごく楽しそう。ロープす滑りもいいよね!
たくさん遊んだ後は、楽しみなお弁当だ~!
って・・・えんちょうせんせいが走ってきた!寝坊だ!遅刻だ!
みんなえんちょうせんせいを忘れてた!!

ほのぼのしたえんちょうせんせいが、微笑ましい。「わたくし、お弁当作ってこれませんでした~」
ふふ、なんか本当にほのぼのしちゃいます。みんながえんちょうせんせいのために少しずつお弁当分けてあげたら・・・なんだか一番豪華になったみたい。

みんなの優しさがぎっしり詰まったお弁当ですね。お弁当の一つ一つが暖かく、おいしそうで、見てるだけで幸せな気持ちになります。

≪楽天books≫
えんそくバス
【2006/02/05 15:51 】
| タイトル別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「ハニービスケット」の作り方
メレディス・フーパー・作 やないかおる・訳

とってもおいしそうなハニービスケットのレシピ絵本。
めうしが一頭、みつばちが千匹、さとうきびにめんどり、シナモンの皮に・・・ちょっとびっくりしちゃうものばかりが必要で、ビスケットにそんなに使うの~~???って子供は想像もつかないみたい。

でも一つ一つの材料には、たくさんの命があって、どんなものも簡単にできるわけじゃないんだよね。
そこまでまだ想像もつかないかもしれないけど、少しずついろんなことに気付いていってくれたらいいな。

子供は、おばあちゃんと一緒にビスケット作りしてるベンが、口いっぱいにビスケットを頬張りなんにも言えなくなっちゃうところがなんだかウキウキさせてくれるみたいです。

「今度作ろうね」って約束しました。

≪楽天books≫
「ハニービスケット」の作り方
【2006/02/05 15:45 】
| タイトル別 は行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
楽天カードはいつでもポイント2倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。