スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
のりののりこさん
かとうまふみ 作・絵

きれいな色で絵を書ける色鉛筆さんたちは、真っ白い画用紙にいろんな絵を描こうと張り切っています。
なんでもチョキチョキ切るチョッキンふじんと、真っ黒いマジックだんしゃくは、色鉛筆さんたちから仲間はずれ。

ふん!と両者は仲悪く、一緒に遊びません。それぞれが別々に思い思いに遊んでいます。
本当は仲間に入りたい子がまだ一人。のりののりこさんです。

どっちがきれいかと争う両者に、のりこさんが、両方の作ったものをくっつけてしまいました。
それはそれはとっても素敵な作品になりました。みんながそれぞれ自分の得意なものを持ち合って重ねれば、それは一人で作ったものよりももっと素敵なものが出来上がるんですね。

のりののりこさん のりののりこさん
かとう まふみ (2007/03)
ビーエル出版

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
【2007/08/30 15:58 】
| タイトル別 な行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ぼくのえんそく
穂高順也・作 長谷川義史・絵

楽しみにしていた遠足。それなのに「ぼく」は熱を出してしまった!
どうしても行きたい「ぼく」の気持ちが抜け出して、ついでに、いつもは遠足には連れて行ってもらえないジュースたちやネコの気持ちまで一緒に抜け出して。
遠足の日はいつも嫌われる雨雲も、本当は遠足に行きたいんだよね。
みんなで出発です!

太陽と雨雲の闘い。
みんな、誰だって遠足に行きたいのです。そして、みんなが楽しくなれる絵本です。

ぼくのえんそく (カラフルえほん) ぼくのえんそく (カラフルえほん)
長谷川 義史、穂高 順也 他 (2005/10)
岩崎書店

この商品の詳細を見る
【2007/08/30 15:51 】
| タイトル別 は行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
アンパンマンとごりらまん
やなせたかし 作・絵

図書館へ行くと、アンパンマン好きの娘が紙芝居を持ってきます。
紙芝居には、セリフのところにト書きがあって、いちいち感情を指示してくれるので、その通りに読むと、娘はもちろんのこと、2年生の息子までが移動してやって来ます。

小象のジャンボが穴に落ちてしまい、アンパンマンが助けにやって来ます。ところが、夕方になり森へ入ると、お腹を空かせたごりらまんが襲ってきて、ジャンボを助けるために、アンパンマンはごりらまんと対決して、ごりらまんは崖から落ちてしまいます。
でも心優しいアンパンマンは、そんなごりらまんを責めずに、自分の顔を食べさせてあげるのです。

困ってる人を助けるために、アンパンマンは立ち上がります。でも相手のことも思いやる気持ちを忘れないんです。

あんぱんまんとごりらまん / やなせ たかし
【2007/08/30 15:42 】
| タイトル別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
あまがえる先生ミドリ池きゅうしゅつ大さくせん
松岡達英 作・絵

これまた大好きですね。息子のお気に入りの絵本です。
ミドリ池が、水が減ってしまい生き物たちが死んでしまう寸前だというのです。まるで実だくさんの味噌汁みたい、のページでは、あまりにも言いえて妙なので、思わず拍手。

そこから森のみんな総動員で、ミドリ池救出作戦が始まります。
ペットボトルで水車と水路を作り、川から水を池へ流すのです。
強い生き物も弱い生き物も、虫も動物も、みんなで助け合って、池を救うのです。
ああ、工作好きの息子は絶対気に入るだろうなと、目論み通りで嬉しかったです。

池の生き物たちも、松岡さんの作品でいろいろ覚えていたらしく、いちいちこれはなに、あれはこれ、と教えてくれました。

あまがえる先生ミドリ池きゅうしゅつ大さくせん あまがえる先生ミドリ池きゅうしゅつ大さくせん
松岡 達英 (2007/04)
旺文社

この商品の詳細を見る
【2007/08/30 15:33 】
| タイトル別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
クマさんのドーナツ
みやざきひろかず 作・絵

ある朝クマさんはドーナツが食べたくなって、ドーナツを買いに出かけました。
なのに、行く先々で、なにを買いに来たのか忘れてしまって、違うことばかり。

まるで「こんたのおつかい」のように、どんどん変わっていくのが楽しいです。そしてその度に、3歳の娘に「なんだっけ?」と聞くと、少し考えてから「ん~、ドーナッツ!」と答える様子が可愛くて可愛くて。

ワニくんシリーズのみやざきさんの絵は、とても可愛いです。
そして無性にドーナツが食べたくなります。

クマさんのドーナツ クマさんのドーナツ
みやざき ひろかず (2006/03)
ひかりのくに

この商品の詳細を見る
【2007/08/30 15:21 】
| タイトル別 か行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
大おとことちゅうしゃ
深見春夫 作・絵

なつみかんのおへそを持った大おとこがいました。みんなで予防注射の日です。大おとこは、こ~んなちっぽけな注射で、どうしてみんなそんな顔しているんだい?痛くもなんともないじゃないか、と平気な顔。

ところが、大おとこの番になると、大きな大きな注射器が出てきたのです。これには大おとこもびっくり。
たまらず逃げ出してしまいます。

木の中に隠れたり、橋の下にもぐったり。
でもいつも邪魔が入り、見つかってしまいます。隠れているのを見つけるのは3歳の娘が、見つかって文句を言うところは7歳の兄が、大好きです。

とうとう注射をしないで帰ってしまった大おとこは、その晩病気になってうなされる夢を見ます。こんな思いするくらいなら注射を受けよう。
そして大おとこは、グッドアイデアを思いつくんです。

病気になって苦しい思いをして注射をする前に、病気にならないように注射をしましょうね。そうすれば苦しい思いはしなくて済むんですから。
大おとことちゅうしゃ / 深見 春夫
【2007/08/30 15:17 】
| タイトル別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
忍者にんにく丸
川端誠 作・絵

黒雲城のあるじ、闇雲暗之輔は悪い奴。名前からして悪役。
お隣の青空晴高の国が豊かなことをうらんで、晴高の娘、飛子姫を人質に取り国を奪おうと考えた。
飛子姫を救うため、忍者にんにく丸が救出に向かう。

そして分身の術で追手をかわし、林へ逃げ込むと、敵の忍者、強力麺蔵との対決。
にんにくやら麺蔵やら、いかにも、で可笑しい。麺蔵の頭がしゅるしゅると伸び始め、スパスパ切り捨てると、どんどん数が増える一方。
さて奥の手は!?

にんにくの臭いに敵はバッタバタと気絶。

無事に帰った飛子姫とにんにく丸。その晩のおかずは、ギョウザでありました。その皮は・・・?
ユーモアのあるお話です。

忍者にんにく丸―野菜忍列伝〈其の1〉 (野菜忍列伝 (其の1)) 忍者にんにく丸―野菜忍列伝〈其の1〉 (野菜忍列伝 (其の1))
川端 誠 (2005/09)
BL出版

この商品の詳細を見る
【2007/08/30 15:09 】
| タイトル別 な行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
いぬのおばけ
長新太 作・絵

いぬのおばけをおんぶした女の子のお話です。
交通事故で死んでしまった犬が天国に行く様子と、優しい女の子のお話です。もしかしたら飼っていた犬が死んでしまって、このお話ができたのかもしれないですね。

女の子が道で寝ている犬をおんぶしてあげると、その犬がどんどん大きくなって、それでも女の子はエッサエッサと犬をおんぶして歩きます。
途中でウンチをしたら、そのウンチまでついてきて、
「あっ!うんち。だめよ、だめよ」
「あっ!うんちのおばけ、だめよだめよ、ついてこないで」

その女の子のセリフに娘は大うけで、このセリフのおかげで何度も何度も読ませられました。
息子は最初、まったく興味を示さなかったのですが、妹が、
「これね~、次は犬がどんどん大きくなるんだよ」
女の子のセリフで大うけしてからは、二人揃って声をあげて笑っています。
笑うお話なのかは微妙ですが、最初はなんにも感じなかった絵本が、何度も読むうちに笑ったり、しんみりしたり、想像したり、繰り返し読むことが大事だなと思いました。

いぬのおばけ (絵本カーニバル) いぬのおばけ (絵本カーニバル)
長 新太 (2003/10)
ポプラ社

この商品の詳細を見る
【2007/08/30 14:58 】
| タイトル別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
だんごむし そらをとぶ
松岡達英 作・絵

ある日だんごむしは空を飛びたいと思いました。可愛いんです。たんぽぽの綿毛をいっぱいくっつけて飛び降りれば飛べると思ったんですから。
まるで小さい頃、傘を広げて飛び降りればメリーポピンズみたいに空を飛べるんじゃないかと想像した自分のようで。
だけど、結果はひゅ~~~~、ドスン!
これには子どもたち、大うけ。

トンボの羽を見つけただんごむし。もう一枚やるよ!とくもくんがもう一枚羽をくれて、なぜもう一枚くもくんがくれたかというと、ちょっとそこは絵も怖くて、このページは飛ばしたいです。
そしてその羽でだんごむしは「そらとぶマシン」を作ったんです。

念願の空を飛ぶだんごむし。空には今まで見たこともない知らなかった世界が広がり、思う存分楽しみます。でも怖いこともたくさん。
鳥に狙われたり、くもの巣にかかってしまったり。

冒険をしただんごむしくんは、また元の世界に戻ってきて、少し成長するんですよね。
男の子には胸が膨らむ物語だと思います。

だんごむしそらをとぶ だんごむしそらをとぶ
松岡 達英 (2000/06)
小学館

この商品の詳細を見る
【2007/08/30 14:47 】
| タイトル別 た行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
シンドバッドと怪物の島
ルドミラ・ゼーマン 作・絵 脇明子・訳

シンドバッドの3回目の冒険のお話を、作者がまとめながら絵本にしました。「シンドバッドの冒険」はもちろん知ってはいたつもりですが、改めて話して、と子どもに言われると、出てきません。

シンドバッドは懲りない冒険家なんですね~。
今回は、前回の冒険を終え、だんだん退屈になってきたシンドバッドが、商人に一緒に船に乗せて欲しいと頼み、またもや新しい旅が始まります。
最初は、猿に襲われて船を奪われ、命からがら別の島へたどり着くと、今度は人を食べる大きな怪物の館へ囚われてしまいます。
ここでも危機一髪シンドバッドは逃れると、逃げる先々でワニや蛇に襲われ、とうとうシンドバッド一人になってしまいました。

最後は、他の国の人間に殺されそうになりますが、今まで経験してきた恐ろしい話を聞かせることにより、人々を夢中にさせ褒美としてバグダッドの国へ帰ることができたのです。

小学2年生になる息子は、真剣に聞き入っていました。よほどワクワクしていたのでしょうか、最後のページなど「続きは明日にとっておいて」というほど。怖かったんでしょうかね?

シンドバッドと怪物の島 (大型絵本) シンドバッドと怪物の島 (大型絵本)
ルドミラ・ゼーマン (2002/02/05)
岩波書店

この商品の詳細を見る
【2007/08/24 10:17 】
| タイトル別 さ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
とまとがごろごろ
得田之久・作 吉野晃希男・絵

とまとさんがごろごろ、ぴーまんさんにごっつんこ。
ぴーまんさんもごろごろ、じゃがいもさんにごっつんこ。

というように、やさいさんたちがごろごろごろごろ。誰かにごっつんこ。
赤ちゃんからの絵本でしょうが、3歳の娘は食べ物が書いてる絵本が大好き。ごろごろごろごろ、ごっつんこ、と私の頭とごっつんこして楽しそうです。

こどものとも0.1.2 2006年 08月号 [雑誌] /
【2007/08/24 09:59 】
| タイトル別 た行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
にじいろのさかな しましまをたすける!
マーカス・フィスター・作 谷川俊太郎・訳

前作では自分のきらきら光るうろこを自慢して、友だちのいなくなったにじうお。どうしたら友だちができるかを教えてもらったんですよね。
そして今回は、みんなににじいろのうろこを分けてあげて、すっかり仲良しになったさかなたち。
み~んなきらきらひかるうろこを一枚持っていて、しましまさかなが遊んで欲しくて来た時に、きらきらうろこを持っていないから仲間じゃないと意地悪してしまいます。

突然鮫の群が現れて、急いで逃げます。だけどしましまさかなだけが取り残されてしまったのです。
にじうおは思います。かつて自分がみんなに仲間はずれにされた時どんな気持ちだったかを。
しましまを助けよう!怖いけど、このまましましまをほっとけない!
そんなにじうおの気持ちが伝わり、小さなさかなたちが大きな鮫に向かって突き進んでいく。

同じうろこを持っていなくたって、友だちになれるし、他の遊びをしたっていい。小さな子ども達に、ささやかで日常ではうっかり忘れてしまいそうな、ほんのり優しい気持ちを教えてくれています。

にじいろのさかな しましまをたすける! (世界の絵本) にじいろのさかな しましまをたすける! (世界の絵本)
マーカス フィスター (1997/10)
講談社

この商品の詳細を見る
【2007/08/24 09:53 】
| タイトル別 な行 | コメント(0) | トラックバック(1) |
恐竜トリケラトプスとギガノトサウルス
黒川みつひろ 作・絵

新天地での平和な生活を守るため、トリケラトプスたちは日夜肉食恐竜たちに荒らされないように睨みをきかせています。
そんなある日、以前オビラプトルにたまごを盗まれ、リトルホーンが取り返してあげたいきさつのあるプテラノドンが、大変な知らせを持ってビッグホーンの元へやって来ました。

たくさんの肉食恐竜達がこの新天地めざしてやって来る、というのです。なんとしてでも肉食恐竜達を、陸地にあげてはなりません。
浜辺での闘い。力を合わせ、なんとかカルノタウルスたちを追い返したビッグホーンたちでしたが、ほっとする間もなく、また海からなにかが陸地に上がってこようとしているのが見えます。

巨大肉食恐竜ギガノトサウルスがやって来たのです。トリケラトプスたちが囲み、新天地を守るための攻防戦が始まります。
せっかく追い返したカルノタウルスたちも、浜辺での攻防戦に気付き、なんと戻ってきちゃうんです!
肉食恐竜たちに挟みうちです!
ピンチ!!!

すると、空からたこやら貝やらひとでやら。いろんなものが肉食恐竜たちをめがけて落ちてきます。
プテラノドンたちの援護ですね。
息子は、空からいろんなものが落ちてくるところを、一つ一つ確認しては、特にたこが墨吐いて落ちてるのが面白いみたいです。

そして何度も一人で読み返しては、夏休みの宿題の読書の課題にするらしく、ノートに書いていました。
恐竜トリケラトプスとギガノトサウルス 南海大決戦の巻 / 黒川 みつひろ
【2007/08/15 16:00 】
| シリーズ物 | コメント(2) | トラックバック(0) |
ゆかいなゆうびんやさんのだいぼうけん
ジャネット&アラン・アルバーグ・作 佐野洋子・訳

ある朝ゆうびんやさんが仕事に行こうとすると自転車のタイヤがパンクしていました。仕方ない、歩いていくとするか。
村を歩き、一休みしたジャックと豆の木のような大きな木の下。
そこへ空から大きな大きなガラガラが落ちてきて、ゆうびんやさんの頭に命中!
伸びてるゆうびんやさんの前に、あら不思議。手鏡を持ったうさぎが走ってきて、犬もうさぎを追いかけた。ゆうびんやさんも追いかけた。
穴に落ちたゆうびんやさん。アリスの世界へようこそ。

そしてオズの魔法使いのドロシーにも出会ったよ。

ページページの合間に手紙が入っていて、どんどん不思議な世界を冒険。
目が覚めたゆうびんやさん。豆の木の下でみんなが心配している。
夢だったのか。
ゆうびんやさんはシリーズであるようなので読みたいと思います。
息子はかなりお気に召したようで、何度も一人で読んでいました。

ゆかいなゆうびんやさんのだいぼうけん / ジャネット アルバーグ、アラン アルバーグ 他
【2007/08/15 15:45 】
| タイトル別 や行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
たまごにいちゃんぐみ
あきやまただし 作・絵

たっくんも、まーくんも、ごーくんもあの「でんせつのたまごにいちゃん」に憧れていて、本当はもう大きいのにまだまだたまごのままでいます。そう、彼らは「たまごにいちゃんぐみ」なのです。
たまごのままヒーローになることを誓い合っています。
でも弟たちには笑われているような気がしてなりません。

だけど、たっくんはひよこたちに乗られて「ばりっ!」
嫌な音ですね~。
まーくんも石からひよこを守ろうと 「ばりっ!」
嫌な予感。
ごーくんも、ひよこをいじめてるカラスに立ち向かいつつかれ、
「ばりっばりっばりっ」

それぞれ中途半端な殻になってしまいました。
え~~い!!やめちゃえ!と三人は殻を脱ぎ捨てます。
そして「たまごにいちゃんぐみ」改め「でんせつのさんにんぐみ」になりました。

ばりっばりっばりっ!!と殻が割れてしまうところはユーモアに富んでいて、息子は大爆笑。
ヒーローになりたいたまごにいちゃんたちは微笑ましいですね。

たまごにいちゃんぐみ (ひまわりえほんシリーズ) たまごにいちゃんぐみ (ひまわりえほんシリーズ)
あきやま ただし (2006/07)
鈴木出版

この商品の詳細を見る
【2007/08/15 15:33 】
| タイトル別 た行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
旅するベッド
ジョン・バーニンガム・作 長田弘・訳

ジョージーのベッドが小さくなったので、ある日お父さんと新しいベッドを買いにショッピングセンターに行くことにしました。
途中で、古物屋で見つけたベッド。とても不思議なベッドでどこへでも旅に行くことができるベッドだと古物屋のおじさんがいいました。

Mで始まってYで終わる言葉が魔法の呪文。

でも古いベッドを見て、お母さんとおばあちゃんはがっかり。
ジョージーはへっちゃら。だって不思議なベッドなんだもん、旅に行くことができるんだもん。
いろんな言葉を試して、ある日ジョージーは町の上を旅します。地の精と妖精にお話を読んであげたり、迷子のトラを助けてあげたり。宝物を発見して海賊に追いかけられたり。

ジョージーの秘密だった。なのに、おばあちゃんがジョージーのいないときに古いベッドを捨てて新しいベッドにしてしまった!
ジョージーは、必死でベッドを探し回り、そして見つけた。
呪文を唱え、ジョージーはふわりと旅に出た。

息子は大好きですね、不思議なこと。よくソファを船に見立て、リビングは海。掃除機を持った私は鮫で、娘と二人船に見立てたソファにしがみつき、きゃあきゃあ言っています。
きっと自分のベッドも旅したらいいのにな、と思ったのは間違いないですね。

ジョージーは家にきちんと帰ったのかしら。
旅するベッド 旅するベッド
ジョン バーニンガム (2003/01)
ほるぷ出版

この商品の詳細を見る
【2007/08/15 15:21 】
| タイトル別 た行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トンカチぼうや
いとうひろし 作・絵

トンカチぼうやのおとうさんがポチの家の修理をしています。ぼうやも手伝いたいのにおとうさんに危ないから駄目って言われてしまいました。
ポチと二人でおとうさんのトンカチの音を聞いていたら不思議なことに気付きました。
目をつぶって聞いてごらん、釘を打つ音が見えてくるよ。

そうしてトンカチぼうやは、いろんな音を叩いてみることに気付きました。地面を叩く音、ガードレール、大きな木の実、水。

叩くと、そこに見えてくるんです、音の色が。

まるでピカソのような絵だけど、3歳の娘がいち早く反応しました。
この不思議な音の絵。やはり純粋な子どもの心は、目に見えないものを感じ取るんでしょうか。
娘は、音の絵が大好きで、そこばかりめくっては「お~!」とか「すごい」と言っています。
トンカチぼうや / いとう ひろし
【2007/08/15 15:11 】
| タイトル別 た行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
楽天カードはいつでもポイント2倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。