スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
ポッケのワンピース
つちだのぶこ・作

ブブノワさんは、お母さんにポッケのついたワンピースを作ってもらいました。
森へ行くと、いろんな動物たちが、ブブノワさんのワンピースのポケットに入りたがります。
最初は快く入れてあげてたブブノワさんも、だんだんポケットがいっぱいになってきて、不安そうになります。
こぐまさんに頼まれても、泣いて逃げ出すブブノワさん。それを見て、こぐまさんもわんわん泣き出します。

わけを聞いたお母さんは、あるものを作ります。

とっても可愛い絵で、私は大好きです。お母さんの大きな愛情を感じます。
ポッケのワンピース (学研おはなし絵本)ポッケのワンピース (学研おはなし絵本)
(2005/02)
つちだ のぶこ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
【2008/01/27 17:48 】
| 作家名別 た行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
海は広いね、おじいちゃん
五味太郎 作・絵

おじいちゃんと一緒に海へ来た男の子。そこに空から不思議な生き物がやって来て、男の子と遊びます。でも、おじいちゃんは読書に夢中で、気付きません。
空から来た不思議な生き物にもらったクッキーを食べたおじいちゃん。
とっても不思議な気分になって、不思議なことをします。

4歳の娘は、すごくこの絵本気に入っていました。毎日、必ず、他の本よりも真っ先に選び、必ず読んで、とせがみます。
お話はとても短いのですが、おじいちゃんがクッキーを食べて、なにかひらめいちゃうところが、好きみたいですね。
海は広いね、おじいちゃん (1979年)海は広いね、おじいちゃん (1979年)
(1979/03)
五味 太郎

商品詳細を見る
【2008/01/27 17:43 】
| 作家名別 か行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ブタとタコのダンス
長新太・作 

子どもたち、大爆笑の一冊です。
ブタが海辺を散歩していると、なぜかタコがやって来て、ブタの鼻の穴に入ろうとします。
フガフガ、フガフガ。ブタが嫌がって、慌てていると、そんな様子に可笑しそうに子どもたちの笑い声が響きます。

ずっと陸に上がっていたタコは、乾いてしまって固くなってしまいました。
体を柔らかくするために、タコは海へ帰りますが、なぜだか今度はブタさん、追いかけて、一緒に海へ入ります。

ここで、ブタとタコのダンスが始まりますが、リズムのとりやすいタコタコブーブー、タコブーブー、など楽しい言葉が続いて、4歳の娘も一緒にお話します。
8歳の息子も、この絵本学校で借りて読んだそうです。

タコさんが無理矢理ブタの鼻の穴に入るところ、娘の鼻の穴をブーブーと指で触ったら、嫌そうにしながらも、笑い転げてました。
ブタとタコのダンス (学研おはなし絵本)ブタとタコのダンス (学研おはなし絵本)
(2005/05)
長 新太

商品詳細を見る
【2008/01/27 17:37 】
| 作家名別 た行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ももちゃんのおきゃくさま
かわかみたかこ・作

ももちゃんがお部屋のお掃除をしようとしていると、窓を叩く音がします。
それは、ことりさんたちだったり、うさぎさんたちだったり、カエルさんたちだったり、クマの親子だったり。
お友だちのカンちゃんだったり。みんなでお掃除の後は、カンちゃんが持ってきてくれたイチゴでジュースを作り、おやつを食べていると、今度はドアを叩く音がします。

お次のおきゃくさまは一体誰だったでしょう。

トントントン。
窓から少しだけ見える可愛いシルエットに、娘は私が読む前に「○○さんだよ」と得意気に教えてくれます。
ももちゃんのおきゃくさまももちゃんのおきゃくさま
(2005/04)
かわかみ たかこ

商品詳細を見る
【2008/01/27 17:30 】
| 作家名別 か行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
けんかのなかよしさん
あまんきみこ・作 長野ヒデ子・絵

いつもけんかばかりしているゴンくんとてっちゃん。またいつものようにけんかが始まりました。ところが、その日はいつもと違います。
周りを見回すと、草原の中。さっきまでてっちゃんが遊んでいたおもちゃのパトカーがそこにあります。
その時、ドドドドドパトカーに倒された、ゾウたちが怒っててっちゃんを追いかけてきます。

二人は慌てて逃げ出しますが、ゴンくんはてっちゃんを救うために勇気のある行動に出ます。

けんかのなかよしさん、素敵な響きだと思います。
娘は、二人が不思議な世界に迷い込んだところが、大好きです。
けんかのなかよしさん (あかね・新えほんシリーズ 32)けんかのなかよしさん (あかね・新えほんシリーズ 32)
(2007/03)
あまん きみこ

商品詳細を見る
【2008/01/27 17:26 】
| 作家名別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
息子が読んだ本
「じぶんでできる天気予報」 塚本治弘・作
じぶんでできる天気予報 (天文ブックス (6))じぶんでできる天気予報 (天文ブックス (6))
(1996/04)
塚本 治弘

商品詳細を見る


「怪盗ショコラ アイスミルクは永遠に」 杉山亮・作
アイスミルクは永遠に (怪盗ショコラ)アイスミルクは永遠に (怪盗ショコラ)
(2001/04)
小林 裕美子、杉山 亮 他

商品詳細を見る


「すいかおばけのおよめさん」 矢玉四郎・作
すいかおばけのおよめさんすいかおばけのおよめさん
(2001/03)
矢玉 四郎

商品詳細を見る
【2008/01/27 00:25 】
| 小学生の部 | コメント(0) | トラックバック(0) |
息子が読んだ本
「かいぞくポケット あやうしポケット」 寺村輝夫・作 永井郁子・絵
あやうしポケット (かいぞくポケット)あやうしポケット (かいぞくポケット)
(1991/04)
永井 郁子、寺村 輝夫 他

商品詳細を見る


「かいぞくポケット 竜王のたからもの」 寺村輝夫・作 永井郁子・絵
竜王のたからもの (かいぞくポケット)竜王のたからもの (かいぞくポケット)
(1991/10)
永井 郁子、寺村 輝夫 他

商品詳細を見る


「名犬ラッシー ライバルをすくえ」 ナンシー・クラリック・作 
名犬ラッシー―ライバルをすくえ名犬ラッシー―ライバルをすくえ
(1997/07)
ナンシー クラリック、堀田 篤子 他

商品詳細を見る
【2008/01/22 21:56 】
| 小学生の部 | コメント(0) | トラックバック(0) |
息子が読んだ本
「おそろしい手紙」 三田村信行・作 古味正康・絵
おそろしい手紙おそろしい手紙
(1990/06)
三田村 信行、古味 正康 他

商品詳細を見る


「名探偵コナン 47」 青山剛昌・作
息子が毎週月曜日楽しみにしてるのは知ってました。図書館で自分でインターネットで予約したまではいいのですが、マンガだったとは・・・。
名探偵コナン (Volume47)名探偵コナン (Volume47)
(2004/10/18)
青山 剛昌

商品詳細を見る
【2008/01/12 21:41 】
| 小学生の部 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ロビンソン一家のゆかいな一日
ウィリアム・ジョイス・作 宮坂宏美・訳

映画【ルイスと未来泥棒】の原作本となった絵本です。映画は息子と一緒に見に行き、「この本あった欲しい」と言っていたので、これもクリスマスプレゼントに選びました。
私は絵も大変気に入っていて満足のいくチョイスだったのですが、息子は映画と同じ話がしかったらしいのです。
原作なので、映画とは違うようで。
でも私はこの絵本気に入っています。
ロビンソン一家のゆかいな一日ロビンソン一家のゆかいな一日
(2007/10)
ウィリアム・ジョイス

商品詳細を見る
【2008/01/02 23:23 】
| 作家名別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
進化の迷路
香川元太郎 作・絵

クリスマスプレゼントに息子に選びました。学校では「ミッケ」などが大人気で、確かにカラフルでお洒落な感じですが、息子は、この隠し絵も大好きで、しかも迷路になっていて、息子のツボを押さえてます。
進化の迷路 原始の海から人類誕生まで進化の迷路 原始の海から人類誕生まで
(2007/08/02)
香川 元太郎

商品詳細を見る
【2008/01/02 23:14 】
| 作家名別 か行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
息子が読んだ本
「さばくの町のXたんてい」 別役実・作 阿部隆夫・絵
さばくの町のXたんていさばくの町のXたんてい
(1976/11)
別役 実

商品詳細を見る


「ロボット・ロボののぼりぼう」 ふるたたるひ・作 たばたせいいち・絵
ロボット・ロボののぼりぼうロボット・ロボののぼりぼう
(1982/01)
古田 足日

商品詳細を見る
【2008/01/02 23:08 】
| 小学生の部 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ゆき!ゆき!ゆき!
オリヴィエ・ダンレイ・作 たなかまや・訳

暗く、寒い夜。静かな夜。雪が降りました。
ママはぼうやをそっと抱き、雪の中を歩きます。雪の感触を、美しさを、ぼうやに伝えたかったのでしょう。
なんの物語があるわけではありませんが、そこに住む者の想いが伝わってきそうな、静かで美しい絵本だと思います。
ゆき!ゆき!ゆき! (児童図書館・絵本の部屋)ゆき!ゆき!ゆき! (児童図書館・絵本の部屋)
(2005/12)
オリヴィエ ダンレイ

商品詳細を見る
【2008/01/02 23:04 】
| タイトル別 や行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
バーバパパたびにでる
やましたはるお・訳

フランソワの大切な友だちのバーバパパが元気がありません。どうやらバーバママが必要なようです。バーバママを探しに旅に出るというので、心配なフランソワが一緒についていくことにしました。いろんな国へ行っていろんなことがあって。
でもどこにもバーバママはいません。
捜し求めていたバーバママは、なんと・・・ここにいたのです!

シリーズになってるので、この先も楽しみな絵本ですね。
バーバパパたびにでるバーバパパたびにでる
(1975/01)
アネット・チゾン、タラス・テイラー 他

商品詳細を見る
【2008/01/02 22:55 】
| タイトル別 は行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ぼくのともだちおつきさま
アンドレ・ダーハン・作 

この男の子のように、すてきな出会いがあって、君がどこにいるだけで幸せで楽しくなれる友だちと出会えたら・・・子どもたちに、いつかそんな出会いがあることを心から願い、信じて・・・。

恐らく、とても大切な人を思い浮かべてできた作品なのでしょうね。

ぼくのともだちおつきさま (世界の絵本)ぼくのともだちおつきさま (世界の絵本)
(1999/06)
アンドレ ダーハン、きたやま ようこ 他

商品詳細を見る
【2008/01/02 22:49 】
| タイトル別 は行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
100万回生きたねこ
佐野洋子 作・絵

100万回生きて、100万回死んだねこがいた。どの時代に生きてもそのねこは飼い主のことが大嫌いで、ようやく誰のねこでもなくただののらねこに生まれたとき、初めて自分だけのものになり、そうして初めて自分以外のねこを好きになり、家族を持ち、自分以外のものを愛するようになった。

そうして、ねこは・・・。

すごく有名な絵本なのに、今までまともに取り合ったことなくて、今回初めて息子と一緒に読んだけど、正直息子も私も、それほど好きになれなかった。たぶん息子は、え?だからなに?と思ったんだろうと思います。あの表情では。
いえ、だからなに?と思ったのは私の方で、きっと息子は何度もねこが死んで、そういう話あまり好きじゃないので複雑な表情だったのでしょうね。
100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
(1977/01)
佐野 洋子

商品詳細を見る
【2008/01/02 22:45 】
| タイトル別 は行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
楽天カードはいつでもポイント2倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。