スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
すいかのたね
さとうわきこ 作・絵

ばばばあちゃんがすいかの種を庭に巻き、大事に大事に土をかけたら・・・。
それを見ていたこねこが、なにか大事なものを隠したに違いないって、ばばばあちゃんがいなくなってから掘り返したら・・・。

そうやって、今度はこいぬが、うさぎが、きつねが・・・ってみんな勘違いして掘り返すと、出てくるのは真っ黒なすいかの種一つ。
「な~んだ」って言ってると、怒ったのはすいかの種。

読んでる最中、可笑しくて可笑しくて、笑ってしまいました。
私が読む前に、娘が先に一人で見ていたらしく、
「あのね、ねこさんやいぬさんたちが、みんなこっそり見ててね、どんどん出て来るんだよ。」

読んで、本当にその通りだったのでびっくりするやら、お話が可笑しいやら。
読みながら笑ってしまったので、それを見ていた娘も笑い出しました。
すいかのたね―ばばばあちゃんのおはなし    こどものとも傑作集すいかのたね―ばばばあちゃんのおはなし こどものとも傑作集
(1987/09)
さとう わきこ

商品詳細を見る

スポンサーサイト
【2008/08/30 17:46 】
| 作家名別 さ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
けいこちゃん
あまんきみこ・作 西巻茅子・絵

幼稚園には、小さいけいこちゃんと大きいけいこちゃんがいます。同じ名前って、くすぐったくってちょっぴり嬉しい。
ある日小さいけいこちゃんが、お母さんの作ってくれたドーナツを、大きいけいこちゃんと食べようと思います。
誘いの電話をかけると、電話に出たのは「けいちゃん」。でもちょっと違う気が・・・。

いろ~んなけいこちゃんに繋がって、なかなか大きいけいこちゃんとお話できません。諦めたその時・・・。
たくさんのけいこちゃんが集まって、楽しいですね。
けいこちゃん (絵本・いつでもいっしょ 24)けいこちゃん (絵本・いつでもいっしょ 24)
(2008/07)
あまん きみこ

商品詳細を見る


【2008/08/30 17:40 】
| 作家名別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドラキュラーってこわいの?
せなけいこ・作

ドラキュラーに会ったうさぎさんたち。とっても怖かったけど、ドラキュラーがうっかりワインを飲んで寝てしまった隙に、ビンに風船をつけて遠くへ飛ばしてしまいました。
どんどん空高く飛んで行き、ドラキュラーが目を覚ました場所は、なんと雲の上。
そこにはカミナリの子供たちがいて・・・。

なんとなんと!ドラキュラーのおへそを・・・!!!

可哀相で、おかしいお話です。
ドラキュラーってこわいの? (えほんひろば)ドラキュラーってこわいの? (えほんひろば)
(2008/06)
せな けいこ

商品詳細を見る
【2008/08/30 17:29 】
| 作家名別 さ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ひいらぎはかせとフロストマン
たむらしげる 絵・作

ひいらぎはかせの住む町に、ある日フロストマンがやって来ました。
なんでも凍らせてしまうので、町中カチンコチン。町を救うために、ひいらぎはかせは、あることを思い付きます。

この絵本は、娘が図書館で選んできたのですが、娘以上に喜んでいたのは8歳の息子でした。
研究所やらロボットやら、発明というものに興味をそそられているみたいですね。
シリーズになっているようなので、読んでみたいと思います。
ひいらぎはかせとフロストマン (おはなしメルヘン)ひいらぎはかせとフロストマン (おはなしメルヘン)
(2001/10)
たむら しげる

商品詳細を見る
【2008/08/30 17:25 】
| 作家名別 た行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
息子が読んだ本
「かいぞくポケット16 うちゅう人間ケン」 寺村輝夫・作
うちゅう人間ケン―かいぞくポケット〈16〉 (かいぞくポケット (16))うちゅう人間ケン―かいぞくポケット〈16〉 (かいぞくポケット (16))
(1996/11)
寺村 輝夫永井 郁子

商品詳細を見る


「かいぞくポケット18 アイコのじゅもん」 寺村輝夫・作
アイコのじゅもん (かいぞくポケット)アイコのじゅもん (かいぞくポケット)
(1997/11)
寺村 輝夫永井 郁子

商品詳細を見る
【2008/08/30 17:21 】
| 小学生の部 | コメント(0) | トラックバック(0) |
うみのいえのなつやすみ
青山友美・作

なっちゃんは、お母さんと一緒に従兄のゆうくんのおうちへやって来ました。
夏の間、ゆうくんのおうちは「うみのいえ」をしているので、お母さんはお手伝い。
さっそく、ゆうくんと海に遊びに出かけるなっちゃん。

貝殻を拾ったり、泳いだり。帽子を忘れて悲しくなったことも、通り雨でちょっぴり心細かったことも、新しいお友達が出来たことも、なにもかも夏休みの楽しい出来事です。
子どもの頃を思い出して懐かしくなりました。
子供たちに与えてあげたい夏の思い出の一日です。
うみのいえのなつやすみうみのいえのなつやすみ
(2008/06)
青山 友美

商品詳細を見る
【2008/08/26 23:51 】
| 作家名別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ほたるさわ
菊池日出夫・作

ほたる取りに行った日のお話。
夏休み、おじいちゃんのおうちで過ごした時間を思い出す一冊です。
こどものとも 年中向き 2008年 07月号 [雑誌]こどものとも 年中向き 2008年 07月号 [雑誌]
(2008/06/02)
不明

商品詳細を見る
【2008/08/26 23:42 】
| 作家名別 か行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
おばけのコックさん
西平あかね・作

「おばけてい」の見習いコック、ぺーたろとぽいぞう。
一生懸命働きます。親方と一緒に買出しに行ったり、野菜の皮むきにも励みます。
今日のスペシャルメニューは「くるぽんきゅー」。
ウエイトレスたちも出勤してきて、「おばけてい」開店です。

お誕生日パーティの家族がいたり、スペシャルメニューが大人気だったり。
にぎやかなお店の様子が可愛くて、楽しくなります。
【2008/08/26 23:36 】
| 作家名別 な行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ゆうびんやさんのホネホネさん
にしむらあつこ 作・絵

ホネホネさんはゆうびんやさん。ギコギコギーと自転車に乗ってどこへでも手紙を届けに行きます。
誰かと誰かをお手紙で繋いでいるホネホネさん。
それは島への誘いの手紙だったり、おしゃれコンテストへのお誘いの手紙だったり、花火大会だったり。
み~んなが夏休み、お出かけしてしまったあと、ホネホネさんにお手紙が・・・。

ホネホネさんが元気になります。
ゆうびんやさんのホネホネさん (こどものとも傑作集)ゆうびんやさんのホネホネさん (こどものとも傑作集)
(2003/04)
にしむら あつこ

商品詳細を見る
【2008/08/26 23:30 】
| 作家名別 な行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ヒメちゃん
荒井良二 作・絵

ヒメちゃんは宝物を探しに旅に出ました。
でも、自分がいったい何を探しているのか、何が宝物なのか、ヒメちゃんは忘れてしまっています。
いろいろな場所へ行ってみるけれど、どれもこれもちょっと違うみたい。
ヒメちゃんのことがとっても大好きなオージ君も一緒に探してくれます。

ヒメちゃんの探しているものって?宝物っていったいなんでしょう?
自分にとって、とても大切なもの。

ヒメちゃん (おひさまのほん)ヒメちゃん (おひさまのほん)
(2008/03)
荒井 良二

商品詳細を見る
【2008/08/14 23:22 】
| 作家名別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
コンビニエンスドロンパ
富安陽子・作 つちだのぶこ・絵

キツネのダンナが開いた店の名は「コンビニエンスドロンパ」。
店長はのっぺらぼう、バイトのがいこつ。お客は日本のおばけたちがやって来ます。
夜も更けて、ガランとしてしまうと、うっかりうとうとと居眠りをしてしまったのっぺらぼうと一反木綿?
そこへこそどろイタチがやって来て、なにを盗もうかと探していると、なにかいいものが入ってそうな冷蔵庫を発見。

ところが、それはこそどろイタチの災難の始まりだった。

コンビニエンスドロンパの、お客さんたちで賑わう様子が、つちださんの絵がとてもぴったりで好きなんです。
コンビニエンス・ドロンパ (絵本・こどものひろば)コンビニエンス・ドロンパ (絵本・こどものひろば)
(2008/06)
富安 陽子

商品詳細を見る
【2008/08/14 23:17 】
| 作家名別 た行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
あまがえる先生 みつけてたべよう!野いちご教室
松岡達英・作

あまがえる先生と野いちご狩りに出かけたネズミの親子。
へびいちごはまずくて、草イチゴやくわの木の実のクワイチゴはとっても甘くて美味しい。
ネズミの子どもたちが、洋服汚しながらもおいしそうに食べてるのが、娘は羨ましくて仕方ないようです。
イチゴの料理の数々は、思わず作ってみようかなと本気で思ってしまうほどおいしそうなんです。

ネズミの親子のように楽しいイチゴ狩りをしたいですね。
あまがえる先生みつけてたべよう!野いちご教室 (旺文社創作童話)あまがえる先生みつけてたべよう!野いちご教室 (旺文社創作童話)
(2008/04)
松岡 達英

商品詳細を見る
【2008/08/14 22:53 】
| 作家名別 ま行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
はじめてのゆき
なかがわりえこ・作 なかがわそうや・絵

とらのこのとらたが初めての雪を経験します。
初めてなので、雪にはなにが必要か、一つ一つ知っていくのも可愛いですが、雪に触れた、初々しい気持ちと、優しい気持ちが、まあるい文章とほんわかした絵から伝わってきて、とってもいいなぁと思いました。
はじめてのゆき (こどものとも傑作集 (62))はじめてのゆき (こどものとも傑作集 (62))
(1996/01)
なかがわ りえこなかがわ そうや

商品詳細を見る
【2008/08/14 22:45 】
| 作家名別 な行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
くすのきだんちは10かいだて
武鹿悦子・作 末崎茂樹・絵

くすのきだんちはとっても住みやすい団地です。
それは、管理人のもぐらのもぐさんがとっても住人思いだからなんです。
ある日空き部屋にかけすさんがやって来て、引越しが決まりました。
お嫁さんもやって来て、みんなで歓迎会。
たまごも生まれて・・・。

そんなある日、かけすさんの上の階の空き部屋に、へびが名乗りを上げました。
「かけすさんのたまごが生まれいますか?」
なんていうから、もぐさんと住人のりすさん、なんとしても阻止しなくては、とかけすさん一家を守るために立ち上がります。

優しいもぐさんと住人さんたちのおかげでくすのきだんちは賑やかです。
くすのきだんちは10かいだてくすのきだんちは10かいだて
(2007/02)
武鹿 悦子末崎 茂樹

商品詳細を見る

【2008/08/14 22:39 】
| 作家名別 は行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
楽天カードはいつでもポイント2倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。