スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
とんでとんでサンフランシスコ
ドン・フリーマン・作 やましたはるお・訳

ちょっと読み聞かせるには長かったです。
ただ読んだぞ!!と充実感はたっぷりです。

本を開いて絵を見ると、さすがそこは日本ではないな、と思わせるアメリカンな絵ですね。サンフランシスコの街を、行ったことのない私ですら、素敵な街に想像させてくれます。

ネオンに住み着いたハトの夫婦が、バラバラになってしまいます。雌バトは巣を守るために、雄バトは、大事な妻と卵を探すために、それぞれ一生懸命です。
いなくなってしまった家族を探すためにボロボロになるまで探し続ける雄バト、シッドには涙さえ出そう。
聞いてる子どもも、まだ最後を知らない時は、心配そうに、このままこの本を読んで、とは二度と言わないかな?と思わせるような顔。

長かったので、その間子どもも不安だったと思います。
もちろん最後はハッピーエンドですが、家族を思う気持ち、人間の優しさを感じてくれたでしょうか。
もちろん、この本を読んだのは一度ではありませんでした。

≪楽天books≫
とんでとんでサンフランシスコ
スポンサーサイト
【2006/02/26 20:43 】
| タイトル別 た行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ぽけっとくらべ | ホーム | はらぺこライオン>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iiehon.blog5.fc2.com/tb.php/110-d7fbaf07
| ホーム |
楽天カードはいつでもポイント2倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。