スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
ほんとうは ちがうよ
かさい まり作

ねずみのハリーとマットはお隣同士。
面倒見のいいハリーに、意地っ張りなマット。ある日、ハリーのおじさんがやって来てハリーを旅に誘う。それを聞いたマットは、ハリーが行ってしまう、本当は行って欲しくない、寂しいのに、その日から意地を張って逆のことばかり言葉にしてしまう。

とうとうお別れの日。本当にいいの?このままハリーが行っちゃってもいいの?
きちんとお別れを言うためにハリーの家の前でずっと待つマット。翌朝、眠りこけてるマットを見て、ハリーはやっぱりマットを置いていけない、一人にしてなんて行けない。だって・・・大事な友だちだもん。

大事なことはきちんと言わなくちゃ。相手には伝わらないよ。
意地なんて張ったって、気持ちは伝わらない。子どもが怒られて、意地を張って我がまま言ってる時に「心と言葉がケンカしてるね。マットと一緒だね」って言うと、すっと黙る。

短いお話だけど、大事なことがギュッと詰まってる絵本。

ほうとうはちがうよ
スポンサーサイト
【2005/04/21 14:44 】
| タイトル別 は行 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<ぼくのうちはどうぶつえん | ホーム | えんぴつのおすもう>>
コメント
お初です。ネットサーフィンでここにきました。
お勧めは「きつねのおきゃくさま」。
愛と勇気と信じる心を解っていきます
【2007/07/20 22:56】
| URL | すみれ #tugDRIoI[ 編集] |
すみれさん、こんにちは。
「きつねのおきゃくさま」読んでみますね。
私は「ウエズレーの国」が今一番好きです。一人でも素敵なこと、好きなことがあるって強いことって思える本です。
【2007/07/22 12:29】
| URL | じゃじゃまま #-[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iiehon.blog5.fc2.com/tb.php/16-318a964c
| ホーム |
楽天カードはいつでもポイント2倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。