スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
いたずらラッコとおなべのほし
神沢利子・作 長新太・絵

うちは大型版を借りてしまったので、持ち帰るのが大変だったけど、大型版はなぜか子どもは喜びますね。
いたずらラッコが、親たちの群れから離れて泳いでるうちに、大男につかまっておなべのスープにされそうになります。

大男の話は、いつもいたずらばかりしてるとき、おじいさんたちから「そんなにいたずらばかりしてると大男のおなべでぐちゅぐちゅスープにされちゃうぞ」と脅かされていたけど、いたずらラッコのロッコはまるで平気。
だって本当はいないもん?
でもいたんですよね~~。海の水が揺れたかと思ったら、大男がおなべを海に入れてカニごとざっぱ~~んとすくっちゃった。その中にロッコとレッコもいたからさぁ大変!!

カニとラッコたちでお鍋に穴をあけて、大男が眠ってる間にみんなで海に逃げちゃった。
お鍋の底を塞いでたものは、そう、それは星空に輝いてる星のことだったんですね。だからい今は星が一つ足りないんですって。
息子は、穴あけて、お水がこぼれていくシーンが大好きです。

いたずらラッコとおなべのほし いたずらラッコとおなべのほし
神沢 利子、長 新太 他 (2003/08)
あかね書房

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
【2006/07/08 10:51 】
| タイトル別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<もぐらのひこうき | ホーム | 10ぴきのおばけとおとこのこ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iiehon.blog5.fc2.com/tb.php/166-e7770cd1
| ホーム |
楽天カードはいつでもポイント2倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。