スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
おしいれおばけ
マーサ・メイヤー作 いまえよしとも訳

この絵本は、偶然図書館で下の娘と見つけました。絵的にはちょっとリアルちっくというか、可愛くないというか、どうでしょ?って感じですが、お話的には分かる、分かる!!

クローゼットを怖がる子ども。あの向こう側にはなにかいそうな気がするんですよね。夜、お風呂やトイレとかで、後ろになにかいたらどうしよう、と思うと、本当に誰かいるような・・・気がしたり、自分の想像でどんどん怖くなってるだけなんだけど。
このお話の男の子は、今日こそクローゼットの向こうにいるはずの「あいつ」をやっつけてやる!と決意します。
ヘルメットかぶって、おもちゃの銃を持って、準備万端。
でもでも、やっぱり怖くって。

「あいつ」と対決した男の子。ところが「あいつ」は、なんと、
泣き虫だった。

結局、「あいつ」と男の子は一緒に眠る。なんと愉快なお話でしょう。
これは、3歳の娘が非常に気に入って、毎晩「おばけの本、おばけの本、読んで~」とリクエストします。
7歳の息子は、「どうしておしいれがドアなの?」と、すみません、うちは和風な家なので。

《Amazon.co.jp》
おしいれ おばけ / マーサ メイヤー
スポンサーサイト
【2006/10/29 17:13 】
| タイトル別 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<恐竜トリケラトプスとティラノサウルス 最大の敵現れるの巻 | ホーム | だんまりこおろぎ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iiehon.blog5.fc2.com/tb.php/204-8d08e6cc
| ホーム |
楽天カードはいつでもポイント2倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。