スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
教室はまちがうところだ
蒔田晋治・作 長谷川知子・絵

教室っていうのは、まちがったっていいんだよ。まちがいをみんなでああ言ったりこう言ったりで、本当の答えを見つけていくんだ。
まちがうことを恐れている子は、なんにもいえなくなってどんどん小さくなって、時間だけが過ぎる、と。

ある日そっとそっとあげた手を先生が指す。緊張してなに言ったかわからなくたって、何度も何度も繰り返すうちに少しずつ言いたいこといえるようになる、と。

まるで息子、そして私の子どもの頃のよう。まちがうことが恥ずかしくて、誰かに「ちがうよ」って言われるのが怖くてなんにも言えなかった。
あの頃。まちがったっていいんだよ、と言ってくれる先生はいなかった。「どうしてそういう答えになるの?」と言われると、すごくいけないことのように思えて、やっぱりなにも言えなくなった。

自分だってそうだったんだから、もう少し子どものことも待ってあげよう。まちがうことを指摘するよりも、それでもいいから、思ってることを言わせてあげよう。まちがっていても、それを受け止めてあげることの方が大事、子どもも勇気を持てるでしょうし、親のための絵本でもありますね。

教室はまちがうところだ 教室はまちがうところだ
長谷川 知子、蒔田 晋治 他 (2004/04)
子どもの未来社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
【2007/02/27 22:45 】
| タイトル別 か行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<そらとぶパン | ホーム | こうしてぼくは海賊になった>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iiehon.blog5.fc2.com/tb.php/244-47263bf3
| ホーム |
楽天カードはいつでもポイント2倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。