スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
ふしぎなめいろ
深見春夫 作・絵

ケイタくんが難しそうな迷路に挑戦しました。
すると不思議なことに、本に書いてある迷路がそのまま出てきたのです。ケイタくんはその迷路の中に入ってしまいました。
その迷路はとっても難しいのです。道が途中で川になっていたり、行き止まりだったり。

途中で小熊に出会い、その小熊のお母さんに出口のヒントをもらいました。「木の枝の先の小さな穴よ」

迷路の魔法使いに会ったケイタくん。
ことりかきりんかあおむし、どれか一つになりなさい、と言われる。
さぁ、自分ならなにになる?
ここが運命の分かれ道なんです。あおむしを選んだケイタくん。
途中で怖い怖いカマキリに会って食べられそうになります。いや、怖かった。

そう、あのヒントと、3つのうちなにを選ぶかで迷路から出れるか、それともずっとそこにいなければならないのか、分かれるんです。
何度子どもと読んでも、実は私はドキドキしています。
なぜなら私なら迷わずことりを選んでいたから。私は出られなかったということになりますね。
ふしぎなめいろ ふしぎなめいろ
深見 春夫 (2006/10/06)
PHP研究所

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
【2007/04/17 11:47 】
| タイトル別 は行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<恐竜トリケラトプスと恐怖の大王 | ホーム | ゆきだるまはよるがすき!>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iiehon.blog5.fc2.com/tb.php/257-b3cd2721
| ホーム |
楽天カードはいつでもポイント2倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。