スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
なぞ!ふしぎ!世界の遺跡探検
岩田一彦・著

理論社から出版されている、図鑑っていうんでしょうか。世界の遺跡でもこれは4巻、アフリカ・アメリカ発見篇ですね。
息子はエジプトのピラミッドに興味を持っていて、以前TBSで放送されたピラミッド特番を食い入るように見ていました。
でも怖かったらしいです。私も怖いと感じましたし。
古代のエジプト人はすごいです。謎です。天文学とか建築学とか、そんな古代に優れた技術と知識。
読んでいてもまだまだ理解できない部分はたくさんあります。

7歳の息子には難しい図鑑ですが、好きなら写真だけでも見て、探究心を育てるのもいいのではないかと思います。
ただやはりわが息子、DNAなのか・・・興味はあっても根性が乏しく、ちょっと読んでは分からなくなると放り出す、私にそっくりです。

でも大人の私にもいい勉強になります。タッシリ=ナジェールなど、そのまま写真の中から動き出しそうな気配さえ漂い、なぜか「王家の紋章」気分です。
モアイ像は以前見た「ナイト・ミュージアム」に出てきたので、息子はそこも中途半端な興味で読んでました。

なぞ!ふしぎ!世界の遺跡探検〈第4巻〉アフリカ・アメリカ発見 なぞ!ふしぎ!世界の遺跡探検〈第4巻〉アフリカ・アメリカ発見
岩田 一彦 (2003/04)
理論社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
【2007/05/08 10:32 】
| タイトル別 な行 | コメント(0) | トラックバック(1) |
<<たのしいパンのくに | ホーム | うそつきのつき>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iiehon.blog5.fc2.com/tb.php/263-fa59563d
遺跡遺跡(いせき)は、過去の人々の生活の痕跡がまとまって面的に残存しているもの及び工作物、建築物、土木構造物単体の痕跡若しくはそれらが集まって一体になっているもの又は施設の痕跡をいう。お互いに関連しあう遺構の集合、遺構とそれに伴う遺物が一体となって過去の 建築って何?【2007/10/07 18:09】
| ホーム |
楽天カードはいつでもポイント2倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。