スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
がまの油
斉藤孝・作 長谷川義史・絵

斉藤孝氏といえば「えんにち奇想天外」などことわざ絵本で有名だし(我が家で!)、長谷川氏は「どこどこどこ」シリーズで息子は絶対に忘れてないし、この「がまの油」も絵を見て、「これ知ってる!!!」と大得意顔。
なんですが・・・この口上、ようするにデパートなどで鍋や包丁を売るときによく聞く、あのテンポのいい語り口なんですよね。
「がまの油」ってのは、かえるの油を取って、「この油はなんにでも効くんですよ~~~」ってことを、みんなが興味を持つように読まなくちゃいけないんですが、どうも私がイマイチ理解してないのか、子どもも口調が昔風なので、なに言ってんのかさっぱりわかんないよ、って顔してました。

かえるの汗をね、取って、煮詰めるとね、いろんな病気に効くんだって。でね、ようはみんなが買ってくれるようにみんなの前でやるんだよ、としどろもどろになりながら説明。息子も「うん。へ~。分かった」と言ってはくれたけど、多分、まだ理解できてないでしょう。

まだまだ修行が足りないようです。

がまの油 がまの油
斎藤 孝、長谷川 義史 他 (2005/01)
ほるぷ出版

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
【2007/07/15 21:45 】
| タイトル別 か行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<恐竜トリケラトプスとひみつの湖 | ホーム | まねっこともだち>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iiehon.blog5.fc2.com/tb.php/290-49e23dfc
| ホーム |
楽天カードはいつでもポイント2倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。