スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
ほしをひろった
深見春夫・作

ある日おじいさんが道で小さな星を拾いました。おばあさんに見せてあげようと星を持ち帰って、二人で見ていると・・・。
知らぬ間に家が飛行船に変身して、空高くどんどん上がり、森を抜け海を越え、雲の向こうにあるお城に着きました。

そこではお父さんとお母さんと小さな男の子が待っていました。おじいさんの拾った星は男の子が落としてしまったものだったのです。
その星は、男の子が夜で作った馬の目で、おじいさんが返してあげると、男の子はその馬に乗り空を散歩しました。

おじいさんとおばあさんは、それをうっとりと眺め、そしてまた家の飛行船に乗り戻ってきました。

息子は星が好きです。毎年夏は満天の星を見に山へ行きます。おじいさんとおばあさんが飛行船の窓から眺めた星空はどんなにきれいだったことでしょう。

おじいさんやおばあさんがうっとりとした星空、楽しみです。

ほしをひろった / 深見 春夫
スポンサーサイト
【2007/07/22 22:17 】
| タイトル別 は行 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ともだちからともだちへ | ホーム | キウイじいさん>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iiehon.blog5.fc2.com/tb.php/295-e0fbc33c
| ホーム |
楽天カードはいつでもポイント2倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。