スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
にじいろのさかな しましまをたすける!
マーカス・フィスター・作 谷川俊太郎・訳

前作では自分のきらきら光るうろこを自慢して、友だちのいなくなったにじうお。どうしたら友だちができるかを教えてもらったんですよね。
そして今回は、みんなににじいろのうろこを分けてあげて、すっかり仲良しになったさかなたち。
み~んなきらきらひかるうろこを一枚持っていて、しましまさかなが遊んで欲しくて来た時に、きらきらうろこを持っていないから仲間じゃないと意地悪してしまいます。

突然鮫の群が現れて、急いで逃げます。だけどしましまさかなだけが取り残されてしまったのです。
にじうおは思います。かつて自分がみんなに仲間はずれにされた時どんな気持ちだったかを。
しましまを助けよう!怖いけど、このまましましまをほっとけない!
そんなにじうおの気持ちが伝わり、小さなさかなたちが大きな鮫に向かって突き進んでいく。

同じうろこを持っていなくたって、友だちになれるし、他の遊びをしたっていい。小さな子ども達に、ささやかで日常ではうっかり忘れてしまいそうな、ほんのり優しい気持ちを教えてくれています。

にじいろのさかな しましまをたすける! (世界の絵本) にじいろのさかな しましまをたすける! (世界の絵本)
マーカス フィスター (1997/10)
講談社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
【2007/08/24 09:53 】
| タイトル別 な行 | コメント(0) | トラックバック(1) |
<<とまとがごろごろ | ホーム | 恐竜トリケラトプスとギガノトサウルス>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iiehon.blog5.fc2.com/tb.php/304-260e8f1b
ディック・ブルーナシール (まるごとシール
 今、我家の最期の子供の次女が大学センター試験を受けている。17年が経過した。  長女は、既に大学を卒業して、社会人として、就職している。  この二人の娘の部屋には、ボロボロになったミッフィーの絵本や人形や、彼女たち の描いた絵が残されているが、これらは、 みくのblog【2007/10/01 06:44】
| ホーム |
楽天カードはいつでもポイント2倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。